Home > 製品情報 > 光ネットワーク製品 > 光成端架 > 光ファイバー終端架 TD-636-1

光成端架 光ファイバー終端架 TD-636-1

正面作業に対応した840芯の高密度な光ファイバケーブル用の成端架

光ファイバー終端架 TD-636-1

型式:TD-636-01

製品特長

(1)幅800mm、奥行き400mmの高密度タイプになります。
(2)架の前面には両開き扉、側面には側板を設けております。
(3)SCアダプタパネル、融着トレイはヒンジを用いた開閉式で正面作業に対応しております。
(4)1段56ポートのSCアダプタパネルを15段実装しております。
(5)SCアダプタパネル各段の前後には余長処理スペースを設けております。
(6)SCアダプタパネル各段の前面側にポート名称を書き込みできる示名条片が付いております。
(7)融着カセット(8個・4芯テープ線64本の融着分)を搭載したトレイを5段実装しております。
(8)4芯テープ用ゴムホルダー(40個)を標準添付しております。
(9)架の右側面に立ち上げケーブル固定用の保持金具が実装されております。
(10)ケーブルの導入出方向は、架下に対応しております。
(11)架下のケーブル導入孔には防塵対策として巾着を標準装備しております。
(12)床との絶縁用の架下固定部品を標準添付しております。

(※1)SCアダプタパネルと融着トレイの搭載位置を変えることにより、架上からのケーブルの導入出に対応することも可能になります。
(※2)段の搭載構成は20段の範囲内で変えることもできます。
(※3)背面合わせで立架した場合、1680芯に対応可能です。

仕様

●56ポート(SCアダプタ)パネル 15段
 (※3)背面合わせで立架した場合、計30段
●4芯テープ線64本収納 融着トレイ 5段
 (※3)背面合わせで立架した場合、計10段
●設置条件:2重床(フリーアクセス)
 (※1)パネルとトレイの搭載位置を変えることにより、直置き
●塗装色:0.5Y8/0.7 レザーサテン

寸法

795(W)×300(D)×2300(H)mm
(※3)背面合わせで立架した場合、795(W)×600(D)×2400(H)mm

TERADAへのお問合わせ

関連製品はウェブカタログをご覧ください。探している製品が見つからないなど、詳しくはお問い合わせください。